Original

英単語イメージ記憶法

「アブがあなたにそ~っと近付いて来て血を吸い始めました。」

目を閉じてこれをイメージしてください。

 

多くの方は普通の小さなアブが腕にとまったところをイメージすると思います。

残念ながらこのイメージでは記憶に残りません。

これを記憶に残るイメージに変えます。

記憶に残るイメージは、巨大なもの、痛いもの、ありえないもの、エッチなことなど命に係わるもの、色がついているなどリアルなもの、黒くて太い縁取りがあって輪郭がはっきりしているものなどがあります。

論理的経験的に導き出せるものも記憶に残ります。

 

もう一度イメージしてください。

 「自分の背丈より大きなアブが、後ろからあなたにそ~っと近付いて来て、首筋にストローのような太い針をブスっと突き立てて血を吸っている。」

 これをイラストにしてみました。

 

 このイメージを「アブそ~ブスッと吸収す」というゴロとセットで覚えると

「absorb=吸収する」が記憶に定着します。

これが、最も記憶に残りやすいイメージ記憶法とゴロ記憶法を掛け合わせた代表例です。

一度覚えると忘れることはありません。

 

落合先生は5つの英単語記憶法を提供してくれていますが、このイメージ記憶法は他の記憶法を使うときにも重要な役割を担う一番のポイントになります。

 

他にもイメージ記憶法の具体例を紹介します。

 a) eloquent 雄弁な

 ピンクの象(elephant)が鼻を振りながら雄弁にスピーチをしているイメージ

 b) wither しおれる

 ニコニコ咲いていた花が天気(weather)が続いてクタ~ッとしおれたイメージ

 c) wring 絞る

 レスラーがリンゴ(wring)を片手でぎゅ~っと絞ってコップにジュースを作るイメージ

 

それだけです。

あとは、eloquent という語が出てきたらピンクの elephant、witherでweather、wring でリンゴを絞るイメージが思い出せればOKです。

一見単純なようですが、これにはいくつか記憶の秘密があります。

1つは視覚的に擬人化などありえない状況を作り出して記憶しやすくしている点。

もう1つは、聴覚的に同じアクセントの語で置き換えているため、覚えやすく、アクセントも間違えないように工夫されている点です。

 

「イメージで単語を覚えられる!」英語に楽しく接しましょう。

 

英語学習支援コミュニティKAIのメルマガ会員 無料!

メルマガ登録でプレゼント!「丸暗記しない英単語記憶術」

英語学習支援コミュニティKAIでは日本人の英語力向上のために、英語学習に役立つ情報を毎週メールマガジンでお伝えしています。

メルマガ会員の登録は無料です。入会金や年会費など一切お金はかかりません。

今メルマガ会員をお申込みいただくと英語教育のトッププロ落合浩一先生のメソッド

「丸暗記しない英単語記憶術」をプレゼント!

雑誌TIMEから選んだ英検1級レベルの単語50語を40分間動画を見るだけで記憶できる体験ができます。

また、メルマガ会員で希望者にはWプレゼントを用意!

毎日楽しく英単語を記憶する「今日の3語」を無料で受講することができます。

▽メルマガ会員登録ボタンをクリックして無料メルマガ会員にお申込みください!

著者紹介

会社情報


人気記事